人気ブログランキング |

第122回日本小児科学会学術集会

金沢市で開催された第122回日本小児科学会学術集会に行きました。
d0259962_11301390.jpg
石川県立音楽堂で行われた開会式から参加しました。

開会式の前にパイプオルガンの演奏が20分位行われました。生でパイプオルガンの演奏

を聴いたのは初めてで、その厳かで迫力のある演奏に圧倒されました。
d0259962_11300981.jpg
その直後の、今回の会頭の金沢大学の谷内江先生の講演は、小児医療・小児科学の

あり方について考えるいい機会でした。「The sense of wonder」ある事象を

驚き、不思議に思う力を養うことが大切というお話はためになりました。

子どもの心身症のシンポジウムでは、「子どもには、成長と発達という特性が

あるので、時間が解決してくれる時もある」という話や、「早く見つけた方がよい

と言うわけではなく、見つけたときがそのタイミングだった。だから焦ることはない」

という話が印象的でした。

スギやダニの舌下免疫療法の話も聞いてきました。舌下免疫療法とは、

スギやダニのアレルゲンを舌の裏側に投与し、耐性を獲得する治療法です。

八木医院でも取り組んでいますので、花粉症や通年性のアレルギー性鼻炎

の方はご相談下さい。ただし、ヒノキには効果がありません。

2日目の朝8時からのモーニング実践講座2は、HPVワクチン(子宮頸がん

ワクチン)の名古屋スタディに関する講演でした。名古屋スタディというのは、

1994年度から2001年度生まれの名古屋市在住の女性全員71,177人に


無記名の質問票を郵送し、「ひどく頭が痛い」とか、「月経不順」とか


HPVワクチン接種後に発生した24の症状の発生の有無、その症状による病院受診、


現在の症状や学校生活への影響などについて回答を求めた調査です。


有効回答29,846人を解析対象とした結果、HPVワクチン接種と24の症状の発生の


有無との間に正の関連は認められませんでした。つまり、HPVワクチンが24症状の


発生に関与していないことを証明するものでした。調査をしたのは名古屋市立大学の


公衆衛生学の鈴木先生で、理路整然とした、統計学的、医学的に正しい調査の


発表で、非常に分かりやすく、HPVワクチンと様々な症状の関連性を否定する


ものでした。八木先生は以前にもこの調査内容を見たことがあって、


HPVワクチンを接種せずに子宮頸がんになるリスクを恐れるべきだと


接種適齢期の子どもや保護者に説明してきました。小児科医はみんな


そうしているのだろうと思っていましたが、この講演の直後に少しハプニングが


発生しました。座長は時間が来たので質疑応答はなしで終了しますと言ったのですが、


前の方に座ってた2人の医者が、討論させろ!とか、いくら金を使ったんだ!とか


このスタディに否定的な態度をあらわにして大声を出したのです。八木先生は


「え!?ウソやろ?こんな考えの奴らがいるのか!」と思いました。


後でこの2人は大阪のHとTという医者だと分かりました。HPVワクチンは


今もまだ、マスコミが流した誤った情報が否定されないまま経過しています。


一般の方がそういう情報を信じ込まされたのを我々医者が正しい情報を提供して、


子ども達が将来子宮頸がんにならないように予防接種を啓発していかなければ


ならないのに、このようなHやTのような医者がいてるんですね。


ま、このような医者が大阪にいてるというのは勉強になりました。


この他にも、10年振りに改訂された授乳・離乳の支援ガイドの講演、


夜尿症の講演、学校心臓検診と突然死の講演、肥満の話、国際小児科学会


の話等、たくさんの講演やシンポジウムやセミナーに参加しました。


全部を見たり聞いたりはできないのですが、夜は各地の小児科の先生達と


意見交換会を行いました。もちろん美味しい料理と飲み物も一緒です。

d0259962_11301555.jpg

一昨年、金沢で開催された日本小児感染症学会の時は、台風の影響でサンダーバードが停まったり、


遅れたりして大変でした。今回も駅にこんな標示が出て心配しましたが、帰る当日は何事も無く


無事大阪に帰ってきました。早く新幹線が大阪まで伸びてきてほしいな。

d0259962_11301897.jpg





# by yagiiin | 2019-04-21 23:26 | 八木医院

歓迎会!

新しく2名の看護師がスタッフに加わりました。

ずっと小児看護をやってきた経験豊富な看護師と、勉強熱心な

若手看護師の2名です。八木医院の戦力になってくれる頼もしい看護師達です。

今までの看護師スタッフと同様、よろしくお願い致します。
d0259962_11233867.jpg
行きつけのスペイン料理店で楽しい時間を過ごしました。
d0259962_11234181.jpg

# by yagiiin | 2019-04-13 22:16 | 八木医院

日本外来小児科学会春季カンファレンス ❗️

久留米で開催された日本外来小児科学会春季カンファレンスに参加しました。
d0259962_17205494.jpg
久留米は初めて行きました。
d0259962_17243441.jpg
土曜日は併催されてた第19回園・学校保健勉強会を聴いてきました。

講演1は福岡県警少年課の警察官安永さんの講演でした。非行と虐待の話でした。

非行少年や少女の生々しい話を聞きました。なぜこの子達は非行に走ったのか

というところを見極めるのが大切だそうです。その原因に幼少期の虐待が関係している

ことが多いのです。非行少年は不幸少年なのだというフレーズは考えさせられました。

講演2はトラウマ・発達障害・自律神経症状の子どもや保護者にどんな

言葉をかけてあげればいいのかという講演で、今後の診療に役立つ内容でした。

土曜日夜の懇親会は、素敵なイタリア料理店を貸し切りで行われました。旧知の各地の

小児科の先生方といろんな情報交換をしたり、会頭の先生のバンド演奏もあり、

盛り上がりました。
d0259962_17252401.jpg
日曜日は朝9時から第29回日本外来小児科学会春季カンファレンスです。

宿泊は博多だったので、朝早くから準備してしっかりと朝食を摂り、余裕を持って博多駅

へ行き、新幹線「みずほ」に乗って10分程で久留米へ着いて、タクシーで会場まで行く

予定でしたが!なんと!車内で車掌さんに切符を見せたら「このみずほは久留米に

停まりませんよ、次は熊本です」と言われてあわてましたが、どうしようもなく、

そのまま熊本まで行きました。 
d0259962_17210171.jpg
すぐに「つばめ」で久留米まで引き返しました。結局1時間ほど遅れて会場に到着しました。

日曜日は新生児医療や1ヶ月健診、在宅医療の話を聞いてきました。

天気もよく、会場近くの公園ではサクラが満開で多くの家族連れがBBQを

楽しんでいました。
d0259962_17242932.jpg
八木先生も子どもが小さい時はよく公園でBBQしたなぁと若い家族連れを見ながら

思い返しました。

# by yagiiin | 2019-04-07 22:27 | 院長の休日

小学1年生は注意です!!

今日は堺市内の小学校で入学式が行われました。

お母さんお父さんに連れられて、きれいに正装した子ども達が

緊張した面持ちで登校しているのを見かけました。

さて、嬉しい楽しい気分に水を差すようなお話ですが、大切なこと

なので、しっかりと読んでほしいです。交通事故の話です。
d0259962_13352729.jpg
交通事故の死傷者が一番多いのは7歳なのです。つまり小学1年生です。

こども園の時代は保護者が一緒に行動することがほとんどですが、

小学校に入ると登下校や遊びで保護者の手や目を離れ、行動範囲も

広がることが理由と考えられています。

子ども達へあらためて交通ルールをしっかり教えて注意喚起をしましょう。

そして、我々大人は加害者にならないようにしなければなりません。

じっとこっちを見ているから大丈夫だろうと思っても子どもは飛び出してきます。

子どもをみかけたらアクセルを緩め、すぐにブレーキをかけれるように意識して

運転しましょう。特に住宅街では注意して運転しましょう。

東京海上日動の「小学1年生の交通事故を防ごう!」のホームページに

ドライバーが注意するポイント、子どもに教える交通安全のポイントが

わかりやすくまとめられているので参考にしてください。



# by yagiiin | 2019-04-05 13:42 | 八木医院

夜尿症は治療できます!

南大阪夜尿症診療セミナーに参加してきました。
d0259962_16480356.jpg
5歳未満まではおねしょがあっても「夜尿症」ではなく、「夜尿」といい、

治療の対象ではありません。5歳以上おねしょがある場合は「夜尿症」として

治療対象になることがあります。

夜尿症の患者さんは78万人いると言われており、全体での罹患率は6.4%と、

喘息の子どもの罹患率6.5%とほぼ同じです。小学3年では8%、高学年でも5%

くらいで、学年の人数が100人とすると小学3年ではクラスに2〜3人は

夜尿症の子どもがいることになります。

夜尿症は子どもの自尊心を低下させる病気で、両親の離別や争い、いじめの

次くらいに心のダメージを負うと言われています。夜尿症が治ると、自尊心が

向上し、積極性が出てきたり、笑顔が増えたりすることもあります。

八木医院では夜尿症の治療に積極的に取り組んでいます。まずは、腎臓や膀胱に

何か病気が隠れていないか、尿の検査やエコーで形態的問題がないかチェックします。

そして、生活指導を行います。しばらく生活指導だけで様子をみて、変化がなければ

薬物療法を行います。薬物療法が効かない場合や、薬物療法に抵抗がある場合は、

アラーム療法を行う事もあります。夜尿症についてのホームページもご覧下さい。



# by yagiiin | 2019-03-30 21:29 | 八木医院


小児科八木医院ブログ


by yagiiin

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

八木医院
八木医院スタッフより
院長の休日

画像一覧