第81回 南大阪小児疾患研究会

近畿大学医学部で開催された第81回 南大阪小児疾患研究会に

参加してきました。
d0259962_19360859.jpg
川崎こどもクリニックの川崎先生の帯状疱疹患者が増えてきている

という発表は気になりました。
d0259962_19360521.jpg

また、先天的に腹腔内臓器が体外に出てしまっている腹壁破裂という

病気があります。胎児期に診断されることがほとんどで、生直後から

小児外科での集中的な管理や手術が必要な病気です。

近畿大学医学部小児外科の小形先生の発表では、Wound retractorという

医療材料を使った治療を紹介されていました。小児外科の技術はすごいなと

思いました。
d0259962_19361069.jpg
特別講演は順天堂大学小児科・思春期科の清水教授の小児の腹痛

に関しての講演でした。便秘、過敏性腸症候群、心因性腹痛など、

小児の腹痛の原因疾患は多彩です。症状をよく聞き、経過をしっかりと

診る事が大切と教えて頂きました。

by yagiiin | 2018-02-24 19:39 | 八木医院


小児科八木医院ブログ


by yagiiin

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

八木医院
八木医院スタッフより
院長の休日

画像一覧