人気ブログランキング |

カテゴリ:八木医院( 181 )

第122回日本小児科学会学術集会

金沢市で開催された第122回日本小児科学会学術集会に行きました。
d0259962_11301390.jpg
石川県立音楽堂で行われた開会式から参加しました。

開会式の前にパイプオルガンの演奏が20分位行われました。生でパイプオルガンの演奏

を聴いたのは初めてで、その厳かで迫力のある演奏に圧倒されました。
d0259962_11300981.jpg
その直後の、今回の会頭の金沢大学の谷内江先生の講演は、小児医療・小児科学の

あり方について考えるいい機会でした。「The sense of wonder」ある事象を

驚き、不思議に思う力を養うことが大切というお話はためになりました。

子どもの心身症のシンポジウムでは、「子どもには、成長と発達という特性が

あるので、時間が解決してくれる時もある」という話や、「早く見つけた方がよい

と言うわけではなく、見つけたときがそのタイミングだった。だから焦ることはない」

という話が印象的でした。

スギやダニの舌下免疫療法の話も聞いてきました。舌下免疫療法とは、

スギやダニのアレルゲンを舌の裏側に投与し、耐性を獲得する治療法です。

八木医院でも取り組んでいますので、花粉症や通年性のアレルギー性鼻炎

の方はご相談下さい。ただし、ヒノキには効果がありません。

2日目の朝8時からのモーニング実践講座2は、HPVワクチン(子宮頸がん

ワクチン)の名古屋スタディに関する講演でした。名古屋スタディというのは、

1994年度から2001年度生まれの名古屋市在住の女性全員71,177人に


無記名の質問票を郵送し、「ひどく頭が痛い」とか、「月経不順」とか


HPVワクチン接種後に発生した24の症状の発生の有無、その症状による病院受診、


現在の症状や学校生活への影響などについて回答を求めた調査です。


有効回答29,846人を解析対象とした結果、HPVワクチン接種と24の症状の発生の


有無との間に正の関連は認められませんでした。つまり、HPVワクチンが24症状の


発生に関与していないことを証明するものでした。調査をしたのは名古屋市立大学の


公衆衛生学の鈴木先生で、理路整然とした、統計学的、医学的に正しい調査の


発表で、非常に分かりやすく、HPVワクチンと様々な症状の関連性を否定する


ものでした。八木先生は以前にもこの調査内容を見たことがあって、


HPVワクチンを接種せずに子宮頸がんになるリスクを恐れるべきだと


接種適齢期の子どもや保護者に説明してきました。小児科医はみんな


そうしているのだろうと思っていましたが、この講演の直後に少しハプニングが


発生しました。座長は時間が来たので質疑応答はなしで終了しますと言ったのですが、


前の方に座ってた2人の医者が、討論させろ!とか、いくら金を使ったんだ!とか


このスタディに否定的な態度をあらわにして大声を出したのです。八木先生は


「え!?ウソやろ?こんな考えの奴らがいるのか!」と思いました。


後でこの2人は大阪のHとTという医者だと分かりました。HPVワクチンは


今もまだ、マスコミが流した誤った情報が否定されないまま経過しています。


一般の方がそういう情報を信じ込まされたのを我々医者が正しい情報を提供して、


子ども達が将来子宮頸がんにならないように予防接種を啓発していかなければ


ならないのに、このようなHやTのような医者がいてるんですね。


ま、このような医者が大阪にいてるというのは勉強になりました。


この他にも、10年振りに改訂された授乳・離乳の支援ガイドの講演、


夜尿症の講演、学校心臓検診と突然死の講演、肥満の話、国際小児科学会


の話等、たくさんの講演やシンポジウムやセミナーに参加しました。


全部を見たり聞いたりはできないのですが、夜は各地の小児科の先生達と


意見交換会を行いました。もちろん美味しい料理と飲み物も一緒です。

d0259962_11301555.jpg

一昨年、金沢で開催された日本小児感染症学会の時は、台風の影響でサンダーバードが停まったり、


遅れたりして大変でした。今回も駅にこんな標示が出て心配しましたが、帰る当日は何事も無く


無事大阪に帰ってきました。早く新幹線が大阪まで伸びてきてほしいな。

d0259962_11301897.jpg





by yagiiin | 2019-04-21 23:26 | 八木医院

歓迎会!

新しく2名の看護師がスタッフに加わりました。

ずっと小児看護をやってきた経験豊富な看護師と、勉強熱心な

若手看護師の2名です。八木医院の戦力になってくれる頼もしい看護師達です。

今までの看護師スタッフと同様、よろしくお願い致します。
d0259962_11233867.jpg
行きつけのスペイン料理店で楽しい時間を過ごしました。
d0259962_11234181.jpg

by yagiiin | 2019-04-13 22:16 | 八木医院

小学1年生は注意です!!

今日は堺市内の小学校で入学式が行われました。

お母さんお父さんに連れられて、きれいに正装した子ども達が

緊張した面持ちで登校しているのを見かけました。

さて、嬉しい楽しい気分に水を差すようなお話ですが、大切なこと

なので、しっかりと読んでほしいです。交通事故の話です。
d0259962_13352729.jpg
交通事故の死傷者が一番多いのは7歳なのです。つまり小学1年生です。

こども園の時代は保護者が一緒に行動することがほとんどですが、

小学校に入ると登下校や遊びで保護者の手や目を離れ、行動範囲も

広がることが理由と考えられています。

子ども達へあらためて交通ルールをしっかり教えて注意喚起をしましょう。

そして、我々大人は加害者にならないようにしなければなりません。

じっとこっちを見ているから大丈夫だろうと思っても子どもは飛び出してきます。

子どもをみかけたらアクセルを緩め、すぐにブレーキをかけれるように意識して

運転しましょう。特に住宅街では注意して運転しましょう。

東京海上日動の「小学1年生の交通事故を防ごう!」のホームページに

ドライバーが注意するポイント、子どもに教える交通安全のポイントが

わかりやすくまとめられているので参考にしてください。



by yagiiin | 2019-04-05 13:42 | 八木医院

夜尿症は治療できます!

南大阪夜尿症診療セミナーに参加してきました。
d0259962_16480356.jpg
5歳未満まではおねしょがあっても「夜尿症」ではなく、「夜尿」といい、

治療の対象ではありません。5歳以上おねしょがある場合は「夜尿症」として

治療対象になることがあります。

夜尿症の患者さんは78万人いると言われており、全体での罹患率は6.4%と、

喘息の子どもの罹患率6.5%とほぼ同じです。小学3年では8%、高学年でも5%

くらいで、学年の人数が100人とすると小学3年ではクラスに2〜3人は

夜尿症の子どもがいることになります。

夜尿症は子どもの自尊心を低下させる病気で、両親の離別や争い、いじめの

次くらいに心のダメージを負うと言われています。夜尿症が治ると、自尊心が

向上し、積極性が出てきたり、笑顔が増えたりすることもあります。

八木医院では夜尿症の治療に積極的に取り組んでいます。まずは、腎臓や膀胱に

何か病気が隠れていないか、尿の検査やエコーで形態的問題がないかチェックします。

そして、生活指導を行います。しばらく生活指導だけで様子をみて、変化がなければ

薬物療法を行います。薬物療法が効かない場合や、薬物療法に抵抗がある場合は、

アラーム療法を行う事もあります。夜尿症についてのホームページもご覧下さい。



by yagiiin | 2019-03-30 21:29 | 八木医院

予防接種忘れてませんか?

今年の4月から小学校へ進学する年長児さん達!

MRワクチンの2回目は接種してますか?

3月31日までに接種して下さいよ。4月以降でも接種できますが、費用負担が

かかるし、補償も定期接種の扱いができなくなります。

必ず今月中に接種してください。八木医院では予約なしで診察時間中は

いつでも接種できます。

また、4種混合ワクチンの追加接種、日本脳炎の追加接種、B型肝炎の3回目、

水痘やおたふくかぜの2回目の接種を忘れていませんか?

今すぐ母子手帳で追加漏れがないか確認しましょう。
d0259962_14315096.png
また、4月から年長さんになる年中の子ども達!4月になったらすぐにMRワクチンを

接種しに来て下さい。お誕生日過ぎたら接種できるのではありません。

小学校に入る前の年になればいつでも接種できます。

今年の4月から成人の風疹対策として、風疹の抗体価が低い成人男性への

MRワクチン定期接種事業が行われます。国は、十分量のワクチンを確保できると

言ってますが、以前、関空で麻疹が流行したときにMRワクチンを接種する

成人が急増したため子どもに接種するMRワクチンが不足するという事態が生じました。

今回も同様の事態が発生する可能性が十分ありますので、年長さんになったら

すぐに!4月中に!遅くても6月までに!MRワクチンを接種しに来て下さい。
d0259962_14315553.png

d0259962_14315846.png


by yagiiin | 2019-03-20 14:35 | 八木医院

はしかに注意!!

大阪府ではしか(麻しん・麻疹)が流行しています。大阪府感染症情報センター


案内をご覧下さい。

d0259962_13152260.png

はしかは手洗いやうがいやマスクでは感染を防ぐことはできません。


はしかは感染力が非常に強く、麻しんの免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、


12~14人の人が感染するとされています。ちなみにインフルエンザでは1~2人ですので、


インフルエンザの10倍の感染力があります。


はしかは通常、春から夏にかけて流行することが多いです。大阪府のはしかの患者数の増加は


今後も続くと見られ、注意が必要です。 MRワクチン未接種の1歳児と、2回目の接種を行う年長児は、


ワクチン不足が懸念されるので、早急にMRワクチンを接種することをお勧めします。


また、1回しかワクチンを受けていない、あるいは何回受けたか分からないお母さんお父さんも、


とにかく1回接種することをお勧めします。実家の母子手帳を確認していただくのもいいでしょう。


抗体の検査をする必要はありませんし、そんな時間もありません。とにかく、まずすぐに


ワクチン接種を受けて下さい。はしかにかからないようにするためには、ワクチンを接種して


免疫力をつけておくしかないのです。ワクチン接種の状況は下記の表を参考にしてください。

d0259962_13275467.png

それと、成人で、最近中国や東南アジアに渡航歴があったり、ワクチン未接種あるいは


1回しか接種していなくて、発熱、咳や鼻水、発疹などのはしかを疑わせる症状がある場合は、


いきなり医療機関を受診せず、必ず事前に保健所か受診する医療機関に電話で連絡をして、


移動手段や待合場所や受診時間を問い合わせて下さい。


八木医院の入口にも、はしかの患者と接触した方、はしかを疑わせる症状がある方、


最近中国や東南アジアに渡航した後に発熱している方、成人で発熱している方は院内に入らず、


インターホンで症状を伝えて下さいという張り紙を掲示しています。

d0259962_13151084.jpg

成人ではしかを疑うような症状がある方は、乳幼児がいる小児科やこども園には


行かないようにしてください。待合室やこども園の乳幼児に感染させないために。


子ども達がはしかに感染すると麻疹肺炎や麻疹脳炎で死ぬことがあります。


数年後にSSPEで死ぬことがあります。はしかに感染するということは他人の命を奪うことがある


ということです。成人でワクチンを接種していなくてはしかに感染するということは、


被害者ではなく、加害者なのです。はしかにかからないために、子どもの命を奪う加害者に


ならないために今すぐ予防接種を受けて下さい。日本医科大学名誉教授の前田美穂先生が


書かれたはしかについてのコラムもご覧下さい。




by yagiiin | 2019-03-01 13:31 | 八木医院

大阪府感染症情報センターの麻しん情報(第1報)

大阪府感染症情報センターの麻しん情報(第1報)をご覧下さい。
d0259962_15332948.png
人数が46名なのも怖いのですが、麻しんワクチンをまだ接種できない0歳児(乳児)

が2名報告されているのが心配です。今後も乳児の麻しん発生が増えそうです。

さらに気になるのが、麻しんワクチン接種歴ない人が11人ですが、

2回接種している人も11人発症している点です。このうち、0〜9歳と

10歳代が6人います。きちんと2回接種している子どもでも発症しています。

ただし、2回接種歴がある患者は軽症の修飾麻しんであり、症状も軽度な

場合が多く、感染力も弱いと言われています。でも、他人に感染させる力はあります。

「2回ワクチン接種していればまず大丈夫です。感染しません。」って

お話していますが、どうやらそうでもなさそうです。2回接種していても

注意が必要です。あらためて、ハルカスへ最近行った人は前回ブログを確認

して下さい。そして、接種対象年齢の1歳児と年長児でまだ接種してない

子どもは早急にMRワクチンを接種してください。八木医院では予防接種は

予約なしで診察時間中はいつでも接種できます。HPの予防接種ページ

ご覧下さい。

なお、海外渡航(東南アジア方面)後やハルカスに該当日時に行った後

麻しんを疑うような症状(発熱、咳、鼻水、倦怠感)のある子どもは

受診前に電話で状況を知らせて下さい。

あるいは、受診時に医院に入らずインターホンで状況を伝えて下さい。

成人の方で麻しん疑いの症状がある方は、保健センターや内科の医院へ

連絡した後、内科を受診してください。麻しん疑いの成人の方、

発熱している成人の方は八木医院へお越しにならないで下さい。

待合室の乳幼児への感染を避けるためです。

by yagiiin | 2019-02-14 15:52 | 八木医院

大阪 麻しん(はしか)拡大しそうです。

ハルカスの従業員の麻しん患者発生ですが、拡大しつつあります。

新たに7名(C〜I)の患者が報告され、合計9人(A〜I)になりました。

今後も増えそうです。堺市の従業員もいるようです。
d0259962_13231440.jpg
以下の日時にハルカスのフェア会場に行ってた人は注意が必要です。

従業員が増えた分、日時も場所も増えました。

施設:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9階催会場(バレンタインフェア会場)

   日時:平成31年2月3日~2月5日、2月7日~2月10日(患者A~G)

施設:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館2階 イベントスペース

   日時:平成31年2月6日、2月8日(患者E)

   (注)患者Eについて、2月8日はウイング館2階並びに9階で勤務していました。

施設:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館3.5階

   日時:平成31年2月7日、2月8日(患者H)

施設:あべのハルカス近鉄本店 タワー館10階

   日時:平成31年2月6日 17時~20時(患者I)


上記の施設を利用した方で、利用後3週間以内に麻しんを疑う症状(発熱、咳、


鼻水、倦怠感)が現れた場合は、事前に医療機関に連絡の上(←ここ大切!)、


すみやかに受診してください。大阪市のホームページもご覧下さい。


by yagiiin | 2019-02-14 13:25 | 八木医院

大阪!麻しん(はしか)に注意です!

あべのハルカスで販売の仕事をしていた20代女性2人がはしかを発症

しました。感染力がある時期に勤務していたので、多くのお客さん

に感染させてしまっていると思われます。
d0259962_17350324.jpg
仕事をしていた場所は、あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階

催会場(バレンタインフェア会場)です。仕事をしていた日時は、

2月3日(日) 12時30分から18時(2人のうち1人)

2月5日(火) 9時30分から20時30分(2人とも)

2月8日(金) 11時から19時30分(2人のうち1人)

この時間帯にチョコレートを買いに行った方で、はしかの予防接種を

全く受けていないか、1回しか受けていない人は感染している

可能性があります。潜伏期間は7日から10日ですので、買いに行って

から1週間くらいして、発熱、咳、鼻水、倦怠感等の症状があれば

はしかの可能性を考えないといけません。その場合は、すぐに医療機関

へ行かずに、保健センターか最寄りの医療機関に電話をして、

受診方法(公共交通機関は使用しない)と、医療機関での待合場所

の確認をしてから医療機関へ行くようにしてください。

八木医院へ来られる場合も、前もって電話で問い合わせてから受診

してください。事前の問い合わせをせず院内に入られると、万一

はしかであった場合に、院内の乳児や免疫抑制状態の子どもに

感染させてしまいます。そのような事態を発生させないためにも

はしかの疑いがあれば受診前に電話で問い合わせてください。

また、1歳と年長児で麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を

まだ接種していない子どもには早急に接種させてください。

大阪、かなり危険な状況になることが予想されます。

大阪市の広報もご覧下さい。

しかし、ちょっと気になる点が、、、。発症したのは20代です。

普通はMRワクチンを2回接種している世代なのではしかを発症

しないはずなのですが、、、。接種してなかったのかもしれません。

1月17日のブログにも書きましたが、予防接種を受けないという

団体があります。間違っています。はしかにかかると必ず誰かに

感染させてしまいます。加害者になります。絶対に予防接種は

受けなければなりません。自分のためにも他人のためにも。

八木医院では、MRワクチンを保護者の意志で受けさせていない

子どもの発熱時の受診をお断りしています。もしそれがはしかなら

大変なことになるからです。MRワクチンを受けていない待合室の

乳児を守るために必要な医学的に正当な措置と考えています。

by yagiiin | 2019-02-12 17:45 | 八木医院

この本おすすめです!

高橋先生は慶応義塾大学医学部小児科教授で、数年前に近大小児科

主催の研究会で講演されましたが、情熱的な切れ味するどい講演に

感銘を受けました。

その高橋先生が書かれた本がこれです。
d0259962_17060287.jpg
子どもの個性や能力・才能は全て親から受け継いでいるという話は

なんでこの子は運動が苦手なんだろうとか、勉強ができないんだろう

と思っているお母さんお父さんに希望を与えてくれます。

子どもについてのさまざまな悩みをどう考えてどう対応すれば

いいかを分かりやすく書かれています。親が心がけたい子育てに

いちばん大切なことはパパやママだけでなく、子どもに関わる

仕事をしている方々、いや、全ての大人に読んでほしい内容です。

八木先生も子育て中にいろいろ悩みがあり、うまく対応できなかった

ことがたくさんあり、今も後悔しています。この本を読んで、

ああ、あの時こうしてあげたらよかったのかと思うことも

たくさんあります。30年前にこの本が出版されていたならなぁ

と思います。

お父さんお母さん、これからパパやママになる方々!

この本おすすめですよ!

by yagiiin | 2019-02-10 15:59 | 八木医院


小児科八木医院ブログ


by yagiiin

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

八木医院
八木医院スタッフより
院長の休日

画像一覧