カテゴリ:八木医院( 146 )

大阪小児科医会総会・教育セミナー

第5回大阪小児科医会総会・教育セミナーに参加してきました
d0259962_16420872.jpg

新教授の杉本先生も大阪小児科医会の顧問として来られていました。
d0259962_16421409.jpg

近畿大学医学部小児科出身の久保田恵巳先生の大阪小児科医会賞を取った

便秘と腸内細菌叢の講演は大変興味深かったです。腸内細菌叢は最近研究が

さかんな分野で、便秘を始め、アレルギー、炎症性腸疾患、がん、自閉症

などとの関係が示唆されています。
d0259962_16421996.jpg

若手研究者のプログレスセミナーの近畿大学医学部小児科坂田尚己先生の

座長をさせていただきました。貧血、リンパ節腫脹、腹部膨満と血液・悪性腫瘍

との関係のお話を、免疫療法、遺伝子診断、分子標的薬などの最新の医療を交えて

講演されました。悪性固形腫瘍の初期の症状が、日常診療でよく経験する、貧血、

リンパ節腫脹、腹部腫大である事は多く、常にこれらの疾患を頭の片隅に置いた日々の

診療を行うことが大切だと言う事を、あらためて気づかせていただいた非常に有意義な

講演でした。


by yagiiin | 2018-05-26 23:28 | 八木医院

遠隔診断

近畿大学医学部附属病院小児科の稲村昇先生の実績が新聞に紹介されていました。
d0259962_16260200.jpg
映像を見て診断できる病気に応用できそうです。

八木医院ではヤケドの治療に湿潤療法を取り入れていますが、フェイスブックの

グループを通じて全国の先生方と写真を共有して治療方針を話し合ったりしています。

今後も、インターネットやSNSを介した医療の診断や治療が広がっていきそうです。

by yagiiin | 2018-05-25 15:21 | 八木医院

イニエスタ来た〜。

スペイン代表、リーガエスパニョーラの強豪バルセロナのイニエスタが

ヴィッセル神戸に移籍してきました。イニエスタの実家はレストランを経営

していて、子どもの頃イニエスタはレストランの中をドリブルしたりして遊んでいたそうです。

また、イニエスタはワイナリーも持ってて、先生の行きつけのバスク地方レストランで

行われたイニエスタワインのメーカーズディナーにも行ったことがあり、なんとなく

イニエスタって近しい存在だったのです。先生とポジションも同じだしね。

そのイニエスタが日本に、しかもヴィッセル神戸に来るとは!!
d0259962_16193966.jpg
先生は現在、ヴィッセル神戸大人のサッカースクールのメンバーなんです。

イニエスタが特別コーチでスクールに来てくれるようなことがあればいいなぁ(^^;

楽しみだなぁ。ノエビアスタジアムに観に行かなきゃ。

by yagiiin | 2018-05-24 22:13 | 八木医院

麻しん(はしか)が流行しています。

沖縄ではしかが流行しています。

3月末から沖縄旅行をした10代の少年が、埼玉へ戻った後に

発熱などの症状が出て、4月7日に帰省先の名古屋へJRと新幹線で戻り、

4月11日に名古屋ではしかと確定診断されました。埼玉から名古屋駅への

移動中に周囲に感染を広げたと思われます。

はしかはとにかく感染力が強いので、MRワクチン未接種の1歳児と、

2回目の接種を行う年長児は、早急にMRワクチンを接種することを

お勧めします。2年前の関空を発端とするはしかの流行時には、

国が成人のMRワクチン接種を勧奨したため子ども達のMRワクチンが不足し、

年長児の接種を一時見合わせたという経緯があります。今回も同様な状況が

発生する可能性がありますので、接種対象児は早めの接種を強く

お勧めします。

こちらのサイトも参考にしてください。

by yagiiin | 2018-04-29 19:25 | 八木医院

大阪小児科医会第7回成育医療研修会、、からの〜。

グランフロントで開催された大阪小児科医会第7回成育医療研修会に行きました。
d0259962_19180495.jpg
まずは、眼科の先生の講演です。乳幼児の視力は6ヵ月で0.1、1歳で0.1〜0.2,

3歳で0.5、4〜5歳で1.0になります。何らかの目の病気があると視力が発達せず、

0.1のまま成長が止まります。しかし、乳幼児の目の検査はなかなか難しく

発見が遅れることがしばしばです。当院では、簡易型レフラクトメータ

「スポットビジョンスクリーナー」という器械を使って目の検査を行っています。
d0259962_19181580.jpg
器械を数秒見るだけで簡単に測定ができます。
d0259962_19181851.png

以下のような症状が目の病気の症状です。3歳未満でも気になる症状があれば

ご相談下さい。ひとみが白く見える光って見える 大きさ形がおかしい

目がゆれる めやに涙が出る位置がおかしいずれるまぶしがる

首を曲げる頭を傾けて見る片目をかくすといやがる 片目をつむる

目を細めて見るTVを前で見る 顔を横にしてTVを見る まばたきが多い。
d0259962_19180837.jpg
続いて耳鼻科の先生の講演では、小児の難聴が問題となっており、新生児の

聴覚スクリーニングが正常でもその後難聴が発見される例があり、言葉の遅れや

吃音があれば、まずは聴力検査を受ける事を推奨されました。

で、成育医療研修会が17:30に終わって、すぐに少し離れた大阪駅上の

ホテルグランヴィアで開催されていた「大阪ADフォーラム」に移動しました。
d0259962_19181161.jpg
近畿大学医学部小児科の竹村豊先生が最新の食物アレルギーに関する講演を

されました。続いて、杏林大学の塩原哲夫先生が、発汗とスキンケアの関係

について講演されました。汗腺の発達と肌の保湿力には関係性があり、

2歳半までに汗をかく機会が少なかった子どもは乾燥しやすい肌質になる

ので、クーラーの効いた部屋でずっと過ごすと良くないという話や、

肌を診察する時は見るだけでなく、触れるのが大切だというお話はとても

ためになりました。

私は、日本アレルギー学会が認定したアレルギー専門医の資格を持って

いますが、まだまだ修行が足りないなと痛感した講演でした。


by yagiiin | 2018-04-14 22:54 | 八木医院

夜尿症の勉強会

ホテル阪神で開催された夜尿症の勉強会に行ってきました。
d0259962_18030070.jpg
「PNE Expert Meeting in Osaka」と、何やら大げさなタイトル付いてるなと思って

会場に着くと、名札の用意された指定席になっていて、人数も20名あまりの

まさしく「エキスパートの集まり」のような雰囲気に少々戸惑いましたが、

夜尿症診療に非常に有益な内容で、とても勉強になりました。
d0259962_18030727.jpg
八木医院では積極的に夜尿症の治療に取り組んでいます。夜尿症は意外と罹患率の

高い病気です。そして、子どもも親も誰に相談していいのか分からない事も多い

ようです。

d0259962_18031451.jpg
夜尿症は生活指導とクスリで治ります。ぜひご相談下さい。



by yagiiin | 2018-03-31 21:51 | 八木医院

ヤング・ギター

ロックギター専門誌「YOUNG GUITAR」。

高校生の頃よく見てました。雑誌の名前からして若者向け雑誌かもしれませんが、

今月号は本屋で見つけて即買いしました。先生の一番好きなギタリスト、

ランディ・ローズが表紙を飾ってたら中身見なくても買うよね〜。
d0259962_17230934.jpg
ランディ・ローズがクワイエット・ライオットというバンド時代から知っていますが、

なんといってもその素晴らしい演奏力を知らしめたのは、オジー・オズボーン・バンドに

加入した時でした。2枚の素晴らしいアルバムを残して残念ながらランディ・ローズは

1982年に飛行機事故で25歳という若さでその生涯を終えました。

生きていれば、今61歳なので、もっと素晴らしい演奏を聴かせてくれただろうし、

コンサートにも行って会えてただろうと思います。本当に残念です。

YOUNG GUITARを見ながらランディ・ローズのプレイを聴きました。

ランディ・ローズのトレードマークはポルカドットのフライングVというギター

でした。今でも街中でこの大きな水玉模様のデザインを見るとランディを思い出します。



by yagiiin | 2018-03-15 12:06 | 八木医院

腰にいいかも。

診察室のイスを骨盤で座るというコンセプトのアーユルチェアーに変えてみました。
d0259962_17111829.jpg
背もたれも腰の位置で、骨板で座ることによって姿勢が良くなり、腰痛予防に

いいかもと思いました。
d0259962_17111272.jpg
さてと、、、効果はどうかな、、。
d0259962_17112232.jpg

by yagiiin | 2018-03-12 21:06 | 八木医院

第81回 南大阪小児疾患研究会

近畿大学医学部で開催された第81回 南大阪小児疾患研究会に

参加してきました。
d0259962_19360859.jpg
川崎こどもクリニックの川崎先生の帯状疱疹患者が増えてきている

という発表は気になりました。
d0259962_19360521.jpg

また、先天的に腹腔内臓器が体外に出てしまっている腹壁破裂という

病気があります。胎児期に診断されることがほとんどで、生直後から

小児外科での集中的な管理や手術が必要な病気です。

近畿大学医学部小児外科の小形先生の発表では、Wound retractorという

医療材料を使った治療を紹介されていました。小児外科の技術はすごいなと

思いました。
d0259962_19361069.jpg
特別講演は順天堂大学小児科・思春期科の清水教授の小児の腹痛

に関しての講演でした。便秘、過敏性腸症候群、心因性腹痛など、

小児の腹痛の原因疾患は多彩です。症状をよく聞き、経過をしっかりと

診る事が大切と教えて頂きました。

by yagiiin | 2018-02-24 19:39 | 八木医院

南大阪アトピー性皮膚炎フォーラム/堺

ホテル・アゴーラリージェンシー堺で開催された南大阪アトピー性皮膚炎フォーラム

に参加してきました。
d0259962_20493065.jpg
アトピー性皮膚炎診療の第一人者の大矢幸弘先生と、大槻マミ太郎先生の講演でした。

食物アレルギーの発症を予防するためには、乳児期の肌をきれいにする事が重要である

という話や、生後6ヵ月からたまごを食べさせる方がたまごアレルギーが発症しないという

研究報告の話を聞きました。
d0259962_20493403.jpg
また、ステロイド軟膏を塗るときは、縦方向ではなく、横方向に塗るのがいいという

コツも聞きました。腕や足を横方向にくるむような塗り方がいいのです。

明日から実践できる貴重な話をたくさん聞いてきました。

講演後の懇親会では、近畿大学の先生や近隣の病院の先生方とアレルギー疾患に

関する情報交換をしてきました。

by yagiiin | 2018-02-22 23:40 | 八木医院


小児科八木医院ブログ


by yagiiin

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

八木医院
八木医院スタッフより
院長の休日

画像一覧