人気ブログランキング |

予防接種忘れてませんか?

今年の4月から小学校へ進学する年長児さん達!

MRワクチンの2回目は接種してますか?

3月31日までに接種して下さいよ。4月以降でも接種できますが、費用負担が

かかるし、補償も定期接種の扱いができなくなります。

必ず今月中に接種してください。八木医院では予約なしで診察時間中は

いつでも接種できます。

また、4種混合ワクチンの追加接種、日本脳炎の追加接種、B型肝炎の3回目、

水痘やおたふくかぜの2回目の接種を忘れていませんか?

今すぐ母子手帳で追加漏れがないか確認しましょう。
d0259962_14315096.png
また、4月から年長さんになる年中の子ども達!4月になったらすぐにMRワクチンを

接種しに来て下さい。お誕生日過ぎたら接種できるのではありません。

小学校に入る前の年になればいつでも接種できます。

今年の4月から成人の風疹対策として、風疹の抗体価が低い成人男性への

MRワクチン定期接種事業が行われます。国は、十分量のワクチンを確保できると

言ってますが、以前、関空で麻疹が流行したときにMRワクチンを接種する

成人が急増したため子どもに接種するMRワクチンが不足するという事態が生じました。

今回も同様の事態が発生する可能性が十分ありますので、年長さんになったら

すぐに!4月中に!遅くても6月までに!MRワクチンを接種しに来て下さい。
d0259962_14315553.png

d0259962_14315846.png


# by yagiiin | 2019-03-20 14:35 | 八木医院

スキーのレース

長野県の木島平スキー場で開催された、近畿大学医学部スキー部OB現役対抗レース

通称「KIS Cup」に今年も出場してきました。

土曜日の夜に、学生の頃から36年間宿泊してるいつものペンション・シュトラーゼに

到着後、ビブドローという出走順を決めるくじ引きをして、明日の天気を見極めながら

慎重にWAXを選択して準備をします。
d0259962_18150145.jpg
レースはジャイアントスラロームという競技で、赤と青の旗を交互に滑っていきます。
d0259962_18325434.jpg
スタート地点標高865m、フィニッシュ地点650m、標高差215m、距離902m、

最大斜度53.2%、平均斜度34.4%、旗門数34のコースを約1分ちょっとで滑ります。
d0259962_18151257.jpg
今年はやや旗門数が多いので脚力が心配でしたが、なんとか2本とも無事ゴール

できました。
d0259962_18152694.png


さて、ビブナンバー5番の八木先生のタイムは!!2本合計で2分14秒45で、4位!

もう少しで3位でした〜。2本目をもっと攻めれば良かったかもですが、去年は

同じような状況で2本目攻めて転けてしまったので、今年はこれで満足するかと思いました。

結局上位はOBが占めたので、今年の成績は総合4位、OBクラス4位、そして、

50歳以上のシニアクラスは優勝という結果でした〜。
d0259962_18253164.png
旧知のOBの先生方や医学部の学生達と楽しい週末を過ごしました🎿

# by yagiiin | 2019-03-03 22:00 | 院長の休日

はしかに注意!!

大阪府ではしか(麻しん・麻疹)が流行しています。大阪府感染症情報センター


案内をご覧下さい。

d0259962_13152260.png

はしかは手洗いやうがいやマスクでは感染を防ぐことはできません。


はしかは感染力が非常に強く、麻しんの免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、


12~14人の人が感染するとされています。ちなみにインフルエンザでは1~2人ですので、


インフルエンザの10倍の感染力があります。


はしかは通常、春から夏にかけて流行することが多いです。大阪府のはしかの患者数の増加は


今後も続くと見られ、注意が必要です。 MRワクチン未接種の1歳児と、2回目の接種を行う年長児は、


ワクチン不足が懸念されるので、早急にMRワクチンを接種することをお勧めします。


また、1回しかワクチンを受けていない、あるいは何回受けたか分からないお母さんお父さんも、


とにかく1回接種することをお勧めします。実家の母子手帳を確認していただくのもいいでしょう。


抗体の検査をする必要はありませんし、そんな時間もありません。とにかく、まずすぐに


ワクチン接種を受けて下さい。はしかにかからないようにするためには、ワクチンを接種して


免疫力をつけておくしかないのです。ワクチン接種の状況は下記の表を参考にしてください。

d0259962_13275467.png

それと、成人で、最近中国や東南アジアに渡航歴があったり、ワクチン未接種あるいは


1回しか接種していなくて、発熱、咳や鼻水、発疹などのはしかを疑わせる症状がある場合は、


いきなり医療機関を受診せず、必ず事前に保健所か受診する医療機関に電話で連絡をして、


移動手段や待合場所や受診時間を問い合わせて下さい。


八木医院の入口にも、はしかの患者と接触した方、はしかを疑わせる症状がある方、


最近中国や東南アジアに渡航した後に発熱している方、成人で発熱している方は院内に入らず、


インターホンで症状を伝えて下さいという張り紙を掲示しています。

d0259962_13151084.jpg

成人ではしかを疑うような症状がある方は、乳幼児がいる小児科やこども園には


行かないようにしてください。待合室やこども園の乳幼児に感染させないために。


子ども達がはしかに感染すると麻疹肺炎や麻疹脳炎で死ぬことがあります。


数年後にSSPEで死ぬことがあります。はしかに感染するということは他人の命を奪うことがある


ということです。成人でワクチンを接種していなくてはしかに感染するということは、


被害者ではなく、加害者なのです。はしかにかからないために、子どもの命を奪う加害者に


ならないために今すぐ予防接種を受けて下さい。日本医科大学名誉教授の前田美穂先生が


書かれたはしかについてのコラムもご覧下さい。




# by yagiiin | 2019-03-01 13:31 | 八木医院

第82回南大阪小児疾患研究会

近畿大学病院で開催された第82回南大阪小児疾患研究会に参加しました。

近大小児科をはじめ、多くの演題が発表されました。
d0259962_21182034.jpg

教育講演は近畿大学医学部附属病院小児外科教授の

八木誠先生の講演でした。私が座長を務めさせていただきました。
d0259962_21182562.jpg

小児外科疾患のうち、特に、アッペ(急性虫垂炎)とヘルニア(臍ヘルニア、

鼡径ヘルニア)についての講演でした。

急性虫垂炎も鼡径(そけい)ヘルニアも最近は小児でも腹腔鏡手術が行われて

います。腹腔鏡手術というのは、おヘソや側腹部から直径3〜10mmの内視鏡を

腹腔内に挿入し、テレビモニター上に映し出された映像を見ながら手術を行う

術式です。最近では、単孔式といって、おヘソの部分だけを少し切開して

内視鏡を挿入する術式が行われています。この方法では、お腹にはまったく

傷が残りません。全身麻酔ですが、術後経過が順調ならその日に退院できます。

傷もなく、手術した日におうちに帰れる画期的な手術です。

鼡径ヘルニアも同様の術式で腹腔鏡手術が行われています。

発熱・右下腹部痛の症状があれば急性虫垂炎が疑われます。足の付け根の

鼡径部がぽっこり膨らんでいたら鼡径ヘルニアが疑われます。

このような症状があれば、とりあえず小児科を受診してください。

外科的な診断・治療が必要な場合は小児外科を紹介します。

臍ヘルニアは乳児に多いもので、おヘソがぽっこり飛び出ているものです。

押すとへこみますが、腹圧がかかるとまた飛び出します。そのままでも

1年くらいで自然にへこみますが、周囲の皮膚がたるんだように伸びて、

少々見栄えが良くない状態になることがあります。八木医院では、

綿球をおヘソに押込み、左右から皮膚を寄せて形を整え、かぶれにくい特殊な

素材のテープで固定するという方法を用いて治療しています。この方法で、

だいたい1ヶ月くらいでおへそはへこみ、テープのかぶれもほとんどなく、

保護者の方々には満足していただいています。

臍ヘルニアが気になる方はご相談下さい。


# by yagiiin | 2019-02-23 20:52 | 院長の休日

2020外来小児科学会実行委員会

2020年夏に京都で開催される日本外来小児科学会学術集会の実行委員会に

行ってきました。

夏の前にその年の4月にプレ学会として春季カンファレンスもあります。

今日はその春季カンファレンスの内容を検討しました。
d0259962_16575134.jpg
午前は少し工夫を凝らしたワークショップを行い、午後は講演を行います。

八木先生は、その講演で熱傷の湿潤療法のお話をします。


湿潤療法とは、消毒薬、ガーゼ、細胞傷害性のある外用薬は使用せず、


水道水で洗浄し、傷がくっつかない創傷被覆材で創面を覆い、創面を乾燥させずに


傷を治す治療法のことです。八木医院では、熱傷やすり傷などの外傷に


ただ単に創面を乾燥させない湿潤療法ではなく、「なつい式湿潤療法®」


取り入れています。なつい式ではない湿潤療法を行っている病院や医院もあります。


「なつい式湿潤療法®」は商標登録された治療法で、本当の湿潤療法を理解している


医師でないとなかなか治療が難しいと思われます。やけどをしたり、ひどいすり傷


のケガをした場合はぜひ八木医院を受診してください。「なつい式湿潤療法®」を


行っている医師のリストにも当院が掲載されています。


しかし、熱傷は予防が大切です。子どものやけどは家庭内で発生することが


ほとんどです。電気ケトルポットの熱湯、熱いコーヒーやお味噌汁、ホットプレート


やたこ焼き器、アイロン、特にヘアアイロンは高熱なので重傷のやけどになります。


スチーム式のアイロンも注意です。炊飯器の蒸気で手や指をヤケドすることも


多いです。炊飯器はスライド式の置き場ではなく、手の届かない高いところに


設置しましょう。ヤケドをしたら、すぐに水道水で冷やしてください。1〜3分


程度でいいです。粗熱を取るという感覚です。そして、ワセリンを塗って


ラップで覆った状態で医療機関を受診してください。ワセリンがなければ


ラップで覆うだけでもかまいません。


絶対してはいけないことは、消毒してガーゼをあてるという治療法です。


市販の消毒薬は使用しないでください。また、白いクリーム状のぬり薬も


塗ってはいけません。塗るのはワセリンだけです。初期にはステロイド軟膏も


使わないでください。八木医院がお休みの場合は最寄りの医療機関を


受診してもいいですが、翌日には必ず八木医院を受診してください。また、


受傷直後のヤケドの様子を写真か動画で記録しといてください。


ヤケドの初期は毎日通院していただいて創面の状態を観察しながら処置を


しますので、通いやすいいつもの小児科に来ていただくのがいいと思います。


ヤケドしないように気をつけましょう。でも万一ヤケドしたら八木医院に


お越し下さい。










# by yagiiin | 2019-02-17 22:31 | 院長の休日


小児科八木医院ブログ


by yagiiin

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

八木医院
八木医院スタッフより
院長の休日

画像一覧