人気ブログランキング |

はしかに注意!

三重県と岐阜県は10日、津市の10~20代の男子学生3人と、岐阜県瑞浪市の

20代女子大学生がはしかを発症したとそれぞれ発表しました。日経電子版

12月24~30日に津市で開かれたある団体の研修会に参加していました。

研修会には10~30代の男女計49人が参加。1月17日までに29人が麻疹を発症

しました。三重県の集計では示されていませんが、この研修会に参加していた

大阪市阿倍野区在住の10代が発症したという情報をキャッチしました。その兄弟も

感染している可能性があります。発疹が出る前の、咳や鼻水の症状の時に登校

していたとのことなので、この兄弟からさらに周囲へ感染が拡大する

可能性があります。また、三重で発症が確認された10代男性が咳や鼻水の

症状があった1月6日に京セラドームで行われたAKB48のイベントに参加し、

その後、隣接するイオンモール大阪ドームシティに滞在していたという情報も

あります。この男性は10日にはしかと診断されています。

2次感染3次感染の可能性が大いにあり、大阪も注意が必要です。

なぜ、これほど多くの若者が感染したのでしょうか。それには理由があります。

この団体は、医療を受け入れない事を信条としていて、投薬等の医療行為や、

ワクチン接種を拒否している団体です。当然はしかのワクチンも

接種していなかったと思われます。はしかの免疫を持っていない集団に

はしかが持ち込まれると、これほどの感染力があるというのを

皮肉にも世間に知らしめた結果となりました。

d0259962_21282619.jpg

はしかはワクチン接種で防ぐことができる感染症です。1歳になったらすぐに

麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種しましょう。そして、

年長の間に2回目の接種をしましょう。4月から小学校に行く子どもで

まだ2回目を接種していない方は早急に接種してください。小学生でも

接種し忘れていないかどうか今すぐ母子手帳で確認しましょう。

接種していなければ、費用負担はかかりますがすぐに接種しに来て下さい。

はしかの合併症に「麻しん肺炎」というのがあります。命にかかわることが

あります。また、はしかにかかった後7〜10年後に突然知能障害、

運動障害が発生し徐々に進行し、1年以内に死亡する亜急性硬化性全脳炎

(SSPE)という合併症がおこることもあります。先生はどちらも

大学病院時代に診たことがありますが、悲惨な結末でした。

はしかにかかってはいけません。感染力が強いのでかかると必ず

だれかにうつします。うつされた子どもが麻しん肺炎やSSPEで命を

奪われるかもしれません。自分の子どもだけの問題ではないのです。

MRワクチンをうけて下さい。


# by yagiiin | 2019-01-17 20:38 | 八木医院

CHICKEN GEORGEで演奏しました!

神戸の老舗のライヴハウス「CHICKEN GEORGE」で演奏しました!
d0259962_20054382.jpg
ボブディランや矢沢永吉、桑田佳祐らも演ったことのある有名なライヴハウスです。

先生の大好きなロックバンド MR.BIGもライヴを行っています。
d0259962_19330368.jpg
なぜそんな大物が演るライヴハウスで先生が演奏したかというと、、、

先生のバンドのリーダーが「CHICKEN GEORGE」の社長と旧知の仲で、

年始恒例の「新春素人演芸会」というイベントに誘われたのでした。
d0259962_19330616.jpg
”素人”と銘打ってますが、有料だしセミプロレベルのバンドも多数出演してました。

え?八木先生のドラムはセミプロ級かって? えーと、、、唯一、会の趣旨に合ったレベルかも(^^;)

でもたくさんの観客から大きな拍手をいただいて気持ちよかったです。
d0259962_20374611.png

# by yagiiin | 2019-01-14 22:24 | 院長の休日

八木医院忘年会

深井のカジュアルフレンチ「アッシュ」で八木医院の忘年会をしました。
d0259962_16324696.jpg

ここでの忘年会は初めてでしたが、美味しいお料理にスタッフも大満足(^^)
d0259962_16324347.jpg
お楽しみ抽選会のロクシタンのハンドクリームもスタッフに大好評でした。

今年もあと9日。大きなトラブルもなく過ごせたのも、スタッフのおかげです(^^)

これからもよろしくね

二次会はスタッフの希望でアイスクリーム専門店へ!
d0259962_16325179.jpg
みんなデザート食べたのにアイスクリーム食べても大丈夫なんだね

😉

# by yagiiin | 2018-12-22 23:26 | 八木医院

総合アレルギー講習会

大阪国際会議場で開催された日本アレルギー学会主催、第5回総合アレルギー講習会

に参加してきました。
d0259962_19230787.jpg
アレルギー疾患の診療は、小児科領域だけでなく、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科の

知識も必要です。この総合アレルギー講習会では、他科の知識も学べるのが特徴です。

また、基本的な内容(ベーシック)と、より専門的な内容(アドバンス)の両方が

プログラムされていました。

小児喘息のトピックス、アトピー性皮膚炎におけるかゆみと免疫物質の関係、

スキンケアのコツ、治療を継続的に続けてもらうためのアドバイスの方法、

重症アトピー性皮膚炎の対応の方法、スギやダニアレルギーに対する小児の舌下免疫療法

の注意点とコツ、接触皮膚炎、じんま疹の診断と治療など、ふだんあまり勉強できない

分野の勉強もしっかりできました。

さっそく診療に役立てようと思いました。

# by yagiiin | 2018-12-16 21:22 | 院長の休日

医学部の講義

近畿大学医学部3年生の講義をしてきました。
d0259962_21271314.jpg
毎年この時期に産婦人科、小児科の講義が集中的にあります。

先生は講義テーマは「家庭医学・小児の家庭医療」というものです。

まあ、開業小児科医はこんな仕事してますみたいな、あまり学術的でない

内容ですが、学生達は興味津々で聴いてくれていました。
d0259962_21271871.jpg
特に力を入れて話したのは、小児の風邪診療についてです。多くの医者は

大学を卒業すると、大学病院や大きな病院で研修を行います。

いろんな疾患を勉強して経験を積みますが、案外「風邪」の診療については

しっかりと学ぶ機会がありません。「風邪?あぁ、咳止めと鼻水止める薬と

解熱剤処方しとけばいいよ。喉赤いなら念のため抗生剤も処方しとき」

のような教育が今だに行われているように思います。私の講義では、

風邪の定義、診断はどうするのか、熱や咳や鼻水は何故出るのか、

それらに対してどう対応するのかを少し生理学や解剖学を交えて講義してます。

3年生の学生達には少し難しい内容かもですが、「あ、なるほど、風邪って見とくだけで

いいんだ〜」って感じてもらえればいいなと思ってます。

お父さん、お母さんにも「風邪」って診断したら、生理学や解剖学を交えず

簡単に分かりやすく説明してます。風邪におくすりは必要ないんです。

でも、その発熱や咳が風邪かどうかの見極めはきちんとしないといけません。

熱が続いたり咳がひどくなるようなら別の病気かもしれません。しっかりと

経過を見るのも大切です。

# by yagiiin | 2018-12-13 22:55 | 八木医院


小児科八木医院ブログ


by yagiiin

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

八木医院
八木医院スタッフより
院長の休日

画像一覧