第22回近畿外来小児科学研究会

高槻市の大阪医大で行われた、第22回近畿外来小児科学研究会

に参加してきました。

d0259962_21545097.jpg



日本外来小児科学会予防接種システム検討会との共催で、

17題の一般演題と特別講演、懇親会という構成でした。

1、岡田先生の発表は、ご自身の糖質制限の経験から、

子ども達が糖質を取りすぎているのではないかと危惧されて

いました。確かに日本は糖質があふれているというか、

適切な量の糖質を接種するのが難しい状況になっているなと思いました。

2、福田先生の発表では、小児科開業医でここまでできるのはすごいですが、

あらためて、なぜ、湿潤療法をせず、旧態依然とした熱傷の治療を行っている

外科医や形成外科医がいまだにいてるのか不思議に思いました。

当院では、福田先生のように重傷の熱傷を診る経験はないですが、

軽〜中等症熱傷(II度程度)に湿潤療法を取り入れています。

全例きれいに治癒しています。

6、高田先生の発表も興味深かったです。当院でもまねしてみたいと思いました。

8、くまがいこどもクリニックの発表も実践的で、当院でも取り入れていた手法ですが、

月齢や年齢に応じたポジションを工夫していこうと思いました。

15、藤岡先生の発表もおもしろい取り組みだと思いました。

そこまでしないと早期に接種してくれないのか、、、とも思いました。

もっと小児科医や行政が啓蒙しなければいけないなと感じるとともに、

早期(4〜6月)に接種することのメリットも伝えて行こうと思いました。



特別講演:「B型肝炎ワクチンの定期接種はなぜ必要なのか」は、小児科医

だけでなく、予防接種事業にかかわる全ての人(行政、医師会、保健センター等)

に聞いてもらいたい講演でした。今でも、子ども達全員にB型肝炎ワクチンが必要だという

ことを認識していない医師がいます。感染症については時代とともに、医学の進歩発展

とともにその対策は変化してきています。現在の状況を理解し、今の時代に合った医療を

提供する義務が我々にはあると考えています。

未来のある子ども達のために、、、、。
# by yagiiin | 2012-11-04 22:01 | 八木医院

灯しびとの集い


仁徳天皇陵の隣の大仙公園で行われた、SAKAI CRAFT FAIR 2012 「灯しびとの集い」

行ってきました。

d0259962_2151070.jpg


d0259962_21455521.jpg



Artist 達による、陶芸、ガラス細工、木工、皮革などの作品の展示即売会です。

ほしい物がたくさんありましたが、、、なんとかこれくらいで我慢しました。

d0259962_2201057.jpg


ガラスのオブジェ、タイヤのキーホルダー、郵便番号はんこ、木の笛、カード立て、

竹の小さなスプーン、鳥のオブジェ。

鳥のオブジェは、お魚イタリアンのアートを手がけているTALAさんの作品です。

d0259962_2212682.jpg


独特の世界観が気に入っています。

医院に鳥のオブジェを飾っています。どこにあるか探してください。


会場周辺は駐車場が少ないとのことだったので、津久野駅前に車を停めて、電車で百舌駅

まで行きました。津久野は5歳頃まで住んでいた懐かしいところです。

d0259962_2224928.jpg


当時駅前に14階建ての高層マンション?ができて、その1階にあったおもちゃ屋で小さな

プラモデルを買いに行くのが楽しみでした。そのマンションは今でもありましたが、

住んでいた団地は取り壊されて、きれいなマンションが建っていました。

通っていた津久野保育所もまだありました。園庭はもっと広かった感じがしました。

津久野には市立堺病院と、夜間急病センターが建設されることになっています。

また街の表情が変わっていきます。

懐かしい高層マンションはいつまで残っているでしょうか。
# by yagiiin | 2012-10-29 22:09 | 院長の休日

スキー部OB会 秋の親睦会


大学時代のスキー部OBで、有馬温泉に行ってきました。


d0259962_21275414.jpg


d0259962_21294672.jpg



総勢11人。Dr.歴30年以上のベテランから、3年目の新人まで、年齢層も幅広く、

二次会のカラオケも懐メロ、ロック、最新ポップとジャンルも多彩。

学生時代の合宿中のさまざまな「事件」の話で盛り上がったり、

最新の医学知識の情報交換をしたり。

学生時代の仲間と久しぶりに楽しい夜を過ごしました。
# by yagiiin | 2012-10-28 21:19 | 院長の休日

お魚イタリアンで兄弟会

私の弟達と私の息子の4人で兄弟会をしました。

肉料理がない、お魚だけのイタリアンレストランです。

d0259962_134233.jpg



久しぶりに行ったけど、あいかわらず美味しい。

音楽もガンガン鳴ってて活気のあるお店です。

3男の弟は仕事が遅くなり、途中で合流し、すぐに隣の

同じレストランのカジュアル版のお店に。

パスタをいただきながら、息子のアメリカ研修旅行の話で

盛り上がりました。
# by yagiiin | 2012-10-21 18:44 | 院長の休日

第70回南大阪小児疾患研究会

近畿大学医学部小児科が運営している研究会に参加してきました。

d0259962_13285984.jpg


今回は特別講演2題と懇親会という構成。

まず、近畿大学学長の塩崎 均先生の「心豊かな医師の育成について」という講演。

私の大学病院時代に病院長をされていて、小児科で行われた季節のイベントを

見に来られたこともある優しい先生です。

外科医として長く活躍されている先生の含蓄のある講演はすばらしかったです。

特に、「医師と患者さんの関係は対等ではない。どうしても医師が有利な立場にある。

そのことを忘れずにいつも謙虚に患者さんに対応しなければいけない」という言葉に

はっとしました。「医師と患者さんは対等の立場ということを忘れずに、

患者さんに接しましょう」という話は聞いた事がありましたが、、、、あらためて

医師と患者さんの関係を考え直さなければと思いました。

次に国立成育医療研究センター総長の五十嵐隆先生の講演。

五十嵐先生は専門が私と同じく腎臓病ということもあり、さまざまな学会でお会いしたり、

講演をお聴きする機会があり、いつも、聡明でスマートな先生だと思っています。

小児科学会の会長でもあり、日本の小児医療のリーダーです。

「我が国の小児医療・小児科学の課題」という講演でした。

夏の外来小児科学会でもお聞きした講演でしたが、何回聞いてもすばらしい内容の講演です。

日本の子ども達は人間同士の有機的なつながり(connectedness)が失われているというお話を

聞いて、核家族化、メディアの影響があるのではと感じました。

日本の調整粉乳にはビオチンが添加されていないか、少ないのが問題であるというお話も

諸外国ではあたりまえのことが日本ではまだまだ行われていない事がたくさんあるなと思いました。

予防接種に関しても、「異なるワクチンの接種間隔変更に関する要望書」や、

「B型肝炎」
「水痘、おたふくかぜワクチン」の早期定期接種化についての要望書を

小児科学会から厚労省に提出しているお話を聞き、早く実現してほしいと思いました。

d0259962_1330476.jpg


懇親会では久しぶりにお会いした先生方と歓談し、大学病院の先生とも紹介した患者さんの

状況を聞いたりしました。

写真は左から、八木和歌穂医師、深井で開業されている阪本瑠子先生、竹村司教授、岡田満教授、私です。
# by yagiiin | 2012-10-21 13:35 | 八木医院


小児科八木医院ブログ


by yagiiin

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

八木医院
八木医院スタッフより
院長の休日

画像一覧